5.28.2017

葉山の家

GWが明けた次の週末にS氏がリノベーションを手掛けた「葉山の家」の見学会が開催された、本来の見込み客ではない自分もついでにご招待をいただいたので逗子まで行ってきた。

毎度毎度思うことだが、誰もがセキュリティやプライバシーをかつてないほど意識しているこのご時世に完成直後ならともかく実際に住んでいる家を公開する(させる)のはなかなかすごいことで、その証拠に他の建築事務所でこういった事例はまず見かけない※1。施主と建築士の信頼関係なくしてはまず望めない催しだし、関係が良好であったとしても工事の切れ目が縁の切れ目というドライな顧客ならやはり承知はすまい。ビジネスライクとは程遠いS氏には似たような雰囲気の(いい意味で)ゆるい施主が集まっているのも面白いところで、他の商売と同じくベンダー/サプライヤーとクライアントが似た者同士となる傾向があるのであればやはり気取った建築士には気取った施主が、ドライな建築士にはドライな施主が集まるのだろうか。検証の為にS氏には一度HPをイメチェンしてブラックバックにやたら小さな白抜きフォント、作例は説明ゼロのフラッシュのみとしてプロフィール画像をMr.マリックのような恰好で光量抑え目で顔半分影になった斜めショットに差し替えてみた上でどういう施主が集まるか確認してみていただきたい。

それで逗子。人生二度目の逗子。電車では初めての逗子。
JR逗子駅前のバスロータリーからS氏に言われた通り3番のバスに乗車したらさんざん回り道した挙句逗子駅前に戻ってきてしまい、降りしきる雨の中を大遅刻でやっと施主Aさん宅に到着。この時点で自宅を出てから3時間余が経過。うむこれはまずい。
Aさんは鷹揚にも笑顔で出迎えてくださったものの初対面での失態に恐縮することしきり。
恐縮しながら靴を脱ぎ、
恐縮しながらリビングに通され、
恐縮しながらビールと空揚げ※2をいただき、
恐縮しながらはいお邪魔しました。

「家を見なくていいんですか(翻訳:あんた何しに来たの)」
とのS氏のナイス突っ込みに我に帰り、恐縮しながらお二階を拝見。
S氏の説明にもある通り、この家においては「小さな部屋の壁をとっぱらって大空間を作り出す」リノベーションの定番は適用しておらずむしろその逆、もとは大空間モノスペースであったところを細かく仕切り、年頃の兄弟のために二つ個室と収納を設えてやったというのが主な内容。
家族が色々ならリノベーションも色々。Aさん宅で求められていたのは広い空間よりも独立心が芽生え始めた男の子のためのパーソナルスペースと、家族一人ひとりに十分に用意される収納スペース。この一家にとっては今やリノベーションの鉄板となった「リノベーション≒広々とした空間を作り出すこと」の公式は当てはまらないのだ。
これはこれでもちろん正解、子供も自我が確立する思春期ともなれば色々と親に知られたくない秘密も出来てくるものなので、その数年間だけでもいいから(またどんなに狭くてもいいから)専用のスペースを与えてやるべきだと思う。特に男子はつるんとした顔にニキビやらヒゲやら出てきてごつごつとみるみるうちに男臭くなりいつの間にやら喉仏なんぞ出てきて声が低くなるのと合わせるようにやたらとプライバシー意識が強くなって不用意に留守中に部屋に入ろうものなら激高して何勝手に入ってんだババア〇すぞなんて聞いたこともないような乱暴な言葉で罵倒された母親が仰天して一体あの子はどうしてしまったんでしょうなんて帰宅した夫に相談したりするところまでセットではいそれは男子がいる家庭でごく普通に繰り広げられている光景なので心配いりません。

男子二人に新たに割り当てられた部屋は三畳程度と狭いながらも互いの凹凸が組み合わさる巧みな間取りで、狭さもかえって秘密基地風な趣を醸し出していて好ましい。
(個人的には子供に与えるスペースは勉強部屋としての機能性があればそれで良く、広々と豪華で快適な空間である必要はさらさらないと思う。あまりに快適な環境は子供の独立心を損なってしまいかねないし、広々としたスペースが欲しければさっさと自立して家を出て好きな部屋に住めばいいのだ。その方が健全)
この家でもS氏的定番である厚さ3cm幅20cmの極厚の杉板と室内窓、明り取りを兼ねた格子の足場はしっかりとその存在感を発揮。
アクセントとしてだけでなく換気窓としての実用性も高い室内窓は子供にとってはよき遊具にもなる(実家にこれがあったら絶対にくぐって遊んでいただろう)万能の窓で、格子足場は太い材と細い材を組み合わせて変化を出しているのが新しい試み。

玄関上部に位置する明かり取り床。太い細い太い細い太い細い太い細い

幼い頃の自分ならくぐり抜けて遊ぶであろう小窓

前述のとおり都心から相当の距離はあるものの逗子は始発駅なので朝は座り通勤も可。湘南に共通する独特のゆるい空気※3もいいし、海も山も近く風向明媚。どうせ郊外に住むのであれば思い切ってこの辺りを生活のベースにするのも大いにあり。少なくとも住みたい街ランキング上位常連の鎌倉よりは遥かに正解。※4

__________
※1 どっかのハウスメーカーで完成後の公開を条件にした一定額の値引き制度を設けているところがあるらしい
※2 唐揚げと書くのは間違い。衣をつけないで揚げる=空揚げが由来であって中国とは何の関係もなし
※3 街の空気は住人にも確実に影響を与える。ゆったりとした空気はゆったりとした人を育てるのだろう。Aさんを見ればわかる
※4 理由は行けば分かるさアリガトー!。一言でいえば、観光地になんか住むもんじゃないよ

2 件のコメント:

  1. >一度HPをイメチェンしてブラックバックにやたら小さな白抜きフォント・・・


    それ、自分で読めなくなっちゃうんで、、

    ちっちゃい字が、見えないんで(涙^^

    返信削除
    返信
    1. お洒落は我慢。by神田うの

      削除