11.17.2017

おろしや国一週間(12)サンクトペテルブルクその1:下町の安宿



ペトロザボーツク18時発ーサンクトペテルブルク22時55分着のロシア国鉄のEチケット

ペトロザボーツクを消化不良のまま後にして到着したサンクトペテルブルクには帰りの飛行機が発つまでの三日を滞在し、じっくり腰を落ち着けてみて回ることにする。

前日の夜にいつものごとくBooking.comで宿を検索したが…予算1万円で見つかるのはペンションかアパートホテルくらいしかない。観光地だけあってホテルの相場も随分高いのか。予算増額するのも癪なので出来るだけ都心部の地下鉄駅に近いところの安ホテルを予約。それでも一泊5,040ルーブル、約9,262円と。うーむ高い。

到着は深夜だから一泊分は捨て賃のようなもの。それにしても高い

ペトロザボーツクからの特急は市内郊外のラドジスキー駅に到着。直結の地下鉄、オレンジの4番線ラドーズスカヤ駅に乗り換えておよそ15分、都心部のドストエフスカヤ駅で下車。

サンクトペテルブルク市地下鉄はモスクワよりシンプルで分かりやすい。右側の赤丸に到着
Google先生に導かれるまま歩く

駅を出て歩くこと3分で辿り着いたホテルBestCornerは香港の重慶大厦のように一つのビルに複数のホテルが入居しているタイプ。表から呼び鈴を鳴らして解錠してもらい、重い扉を開くと薄暗い中に佇む古めかしいエレベーターの扉を開いて乗り込み、ゴットンゴットンと3階まで上がる。

因縁のサブウェイを越えるとすぐ宿の入り口が見えてくる

たばこ屋とレストランに挟まれた入口

同じ建物内にBest CornerとSweet Dreamsの二件のホテル

これで5,040ルーブルってひでえなぼったくりかよとブツブツ言いながら受付の扉を開くと、カウンターの向こうに座っているのは愛想のいい婆さん。
いつも通り挨拶だけはロシア語でそれ以降は英語でコミュニケーションを図るも、婆さんの口を突いて出るのは全てロシア語。完璧にロシア語。
ロシア人にしては珍しく愛嬌たっぷりに何やら一所懸命に案内してくれるのだが英語はただの一語も理解しないらしく、こちらが一語話すと十語くらい返してくるのも100%ロシア語。仕草と状況で何とか理解を試みるも、やってることはほぼジェスチャーゲーム。

「ベラベラベラベラ」
「あーここが食堂?パニャートナ(分かりました)」
「ベラベラベラベラ」
「なるほど、トースターはこうやって使うって?ダーダー」
「ベラベラベラベラ(といいながらメモ用紙に時刻を書く)」
「あー朝食は6時から8時までって?ダーダー、パニャートナ」
「ベラベラベラベラベラベラベラベラベラ」
「…え?え?」

あまりに言葉が通じないので互いに吹き出しつつ何とか意思を疎通し、先払いの会計を済ませた時にようやく重大な勘違いに気がつく。
5,040ルーブルは一泊の値段じゃなくて四泊の値段だ。つまり一泊あたりは2,300円程度。
あーそりゃーそうかー一泊2,300円なら激安だーそれはこのクラスだよねーあははははははー

勘違いしてすまんサンクトペテルブルク君、君は実にリーズナブルだよ。
しかしシーズンオフとはいえ一泊2,300円の宿として改めて見直してみれば悪くない。
セルフとはいえ朝食がつき、ダブルベッドの部屋は広く清潔でちゃんと熱い湯がでるシャワーがついている。
パリなら一泊一万円でもこの半分程度の部屋しか借りられないことを思えば、建物がボロいことを除けば何の問題もない。二人で泊まれば一人1,200円でマンガ喫茶並の激安と思うとパッカー上がりの血が騒ぐ。
いい年こいてあまり安い宿に泊まるのは色んな面であまりお勧めできないが、たまにはこういうのもいいだろう。婆さんも親切だし

ミニマルで清潔な客室。もう全然OK牧場

10.30.2017

通勤電車のリスク?



通勤電車に乗ってはいけない7つの理由、という記事。

1.病気になる
2.トラブルに巻き込まれる
3.時間の無駄
4.ストレス
5.危ない
6.そもそも通勤て必要なくね?
7.てか通勤てダサくね?

567は「7つの理由」とするためのこじつけという気が正直するのだけれど※1、1から4は全く同感、何の依存もございません。
特に1。勤務先が変わった関係でおよそ二年ほど自転車通勤が中断し、更に帰宅後のワークアウトも忙しさで叶わなくなったこの一年ほどは虚弱体質化が著しい。年に一回ひくかひかないかという頻度だった風邪に今年は既に五回も罹患してその都度寝込んでしまっているのだから酷すぎる。ハイジがクララになってしまったようなもの。
先月からやっと自転車通勤を再開し、ストレスと病原菌に満ちた通勤電車からようやく解放されて体調も好転する…かと思いきや、今度は来る日も来る日も雨ばかりでフラストレーションが溜まる一方の十月。


___________
※1 5電車より安全な通勤手段って何だ。徒歩か。徒歩で通勤できないから電車に乗るんじゃないの 67それは自分が経営者だから言えることでサラリーマンをディスってるだけ

10.29.2017

おろしや国一週間(11)12月13日 ペトロザボーツクーサンクトペテルブルク

カレリアホテルのレストランにどっかと腰を据えて飲んだり食べたり画像のチェックしたりBooking.comで今晩の宿探しなどしているうちに外はすっかり暗くなり、今晩の目的地であるサンクトペテルブルク行き特急の出発時間が迫ってきた。
預けてある荷物を引き取ってタクシーを呼んでもらい、再びペトロザボーツク駅へ。ここで料金を払ったときに初めて朝のホテルへのタクシー代金は正規の三倍もぼったくられていたことに気づく。白タクならともかく、駅のタクシー乗り場に並んでいる正規のタクシーでこれ。気を付けるべし…といっても気をつけようがない。ぼったくられるのが嫌なら厳寒の中荷物を抱えて歩くしかないのだから事実上選択の余地はない。これは悪質。
ということで、真冬にペトロザボーツクを訪れる方は否応なくタクシーにぼったくられることを覚悟すべし。金額にすれば千円程度の違いでしかないんだけどね

戻ってきたペトロザボーツク駅


サンクトペテルブルク行き特急は18時発

ペトロザボーツクとサンクトペテルブルクをおよそ4時間弱で結ぶ特急電車は真新しく清潔で極めて快適。各列に電源はあるしトイレはやたら広いし、移動販売のお姉さんがなぜか紙コップに直接コーヒー粉をぶち込んだことを除けば何の問題もない。



荷物置きが室内にあるのは防犯を考えれば当然で、室外に置かせる新幹線はその点非常に日本らしい

トイレの広さは新幹線の三倍

きちんとした身なりのイングリッシュスピーカー、だけどバカ舌なのが玉に瑕のビジネスマン

相席に座ったのはこの国には珍しくスーツにネクタイ姿のビジネスマンらしき中年男性。粉だらけのコーヒーを顔をしかめてすすっている自分を見て

「美味しいかい?」
「んー。ま、まあ悪くないね」
「どれ私も飲んでみるか」

と自分に続いてコーヒーを注文する。
しめしめ犠牲者の道連れができたぞ。と思いつつこっそり様子をうかがうと、同じようにコーヒー粉が直接ぶち込まれたコーヒーを美味そうにすすって満足気な顔。
…バカ舌か?


ロシアの売り子はコーヒーの淹れ方を勉強すべし

__________
※1 ホテルが呼ぶタクシーは最も信用できる。少なくともぼったくられることはない。タクシーにとって地元のホテルは一番の上客だし、ぼったくりの苦情が入ったホテルから信用を損なえばその上客を失う事になるのだから当然。

10.26.2017

広い国の小さな家

米国で小さな家が流行っているという二年前の記事
流行っているというか、これまでになかった家についての価値観が新鮮で一部の人に受けているということなのだろう※1が、その考えは我々にとって特に目新しいものではない。ていうかS氏のLWHコンセプトとほぼ同じ。
しかし小さい家を巧みに作るノウハウは日本の建築士には到底敵うまい。何せ歴史が違う。
小さな家を得意とする建築士のニーズは国内だけに限らない。日本で経験を積んだら米国に飛び、広い大陸を股にかけて存分に腕を振るうのも夢がある話。S氏のLWHシリーズも意外に米国で量産されることになるかも?

________
※1 あちらの多様性は日本の比ではない。日本の「建前ダイバーシティ」とは大違い

10.13.2017

人気の街×タワマン林立=

こうなるか。
川崎市中原区に住む男性(43)は、横須賀線で東京都内に通勤する。午前8時前に駅に着いて列に加わる。改札口に入るだけでも5分ほど待って、エスカレーターでホームにあがる。「ダイヤの乱れなどがあると、あっという間に列が伸びて改札までの時間はもっとかかります」
無理だ。無理すぎる。ストレスでハゲる。
まあタワマンは構造的に面積当たりの人口密度が極限まで高くなる集合住宅なわけで、そんなもんがぽんぽん林立すれば街の人口も二字曲線的に増えるわけで、方や一度作ってしまった交通インフラはそう簡単には建て増しできないわけで。
画像検索してみると…災害時と見紛うばかりのラッシュアワーの画に言葉を失う。
待つことが大嫌いで、住宅購入の際にも外に出るまで時間がかかるという理由でタワマンだけは全く検討に含めなかった自分にとっては全くもって耐え難い光景。定年するまで毎朝これに耐えなければならないかと思うと気が遠くなる(あくまで自分自身の性向の問題なので、武蔵小杉をディスってるわけではない。念の為)。
こうしてみると人気の街もいいことばかりじゃない。遊びに行くならいいけど、住むならその隣町がいいのかも。

9.29.2017

Machine to Board


少しづつ入れ替わりを続ける家のモノ類、今回の新陳代謝は雑巾洗い用途で購入してから2年余でおしゃかになったミニ洗濯機。
燃えないゴミの日に出て行った洗濯機の代わりにやってきたのは、決して故障しない洗濯板。


ミニとはいえそれなりの大きさがあった洗濯機に比べぐっとコンパクト、一回の掃除で使う4-5枚の雑巾程度ならこれで十分賄える。初めからこれにしておけばよかった

9.18.2017

プリント外壁という解

立ち寄ったセブンイレブンでふと店の外壁に目が留まる。
何の変哲もないお約束のタイルの外壁だが妙に綺麗なのに違和感を感じた。
特殊な防汚コーティングでも施しているのかと顔と近づけるたところで違和感の正体が分かった。
迂闊にも今の今まで気づかなかったなんて。いつからこうなっていたのだろう


上に継ぎ目のジョイントが見える

タイルの外壁に見えたのは表面の印刷で、その正体は表面がツルツルした5m×2m位の巨大なサイディングボード。叩くとポコンポコンと音がするこれを数枚、樹脂のジョイントでパコパコパコと繋ぎ合わせて張っているだけ。
これなら外壁工事など半日もあれば終わるだろうし、ツルツルの一枚板なら確かに汚れもつきづらかろう。表面の印刷もフェイクといえばフェイクだが、まじまじと見なければ分からない(自分だけ?)くらいだからなかなか出来がいい。思わず感心してしまう。

ふと思ったのは、巷間にありがちな「正面だけ豪華建売住宅」の側面にこれを用いることができないかと。正面だけ綺麗にタイルを張りこんでいるが側面は不愛想なグレーのサイディングボードがむき出し、という露骨なコストダウンは特に建売住宅で非常にありがちな仕様ではあるが、どうせなら側面にはこれを張り込んだ方が見てくれは遥かにマシになる筈。コスパの鬼であるコンビニ店舗の外壁に用いるくらいだから耐久性も折り紙付きなのではないか。
(多分)安くて丈夫、興ざめ防止効果も高いこのプリント外壁。妥協案としては本当に悪くないかも

9.05.2017

今年も


坂下の神社の例祭の時期を無事迎えられた。
2年前からは屋台でたこ焼きとビールを買って家に戻り、ウッドデッキに腰を下して眼前に広がる光景を見下ろしながら飲み食いするのが恒例に。
毎年一回のこの風景。
桜の時期と同じように、あと何回見られるか…とふと思ってしまうお年頃。


8.11.2017

おろしや国一週間(10)12月13日 ペトロザボーツクその3

日本で二番目に高い山は北岳。
日本で二番目に長い川は利根川。
日本で二番目に広い都道府県は岩手県。
日本で二番目に広い湖は霞ヶ浦。

ナンバー1はみんな知っていても意外に知らないのがナンバー2、順位の差は一つだけなのにこの扱いの差はなんだろう。
ということで覚えておこう、欧州二番目に大きな湖はオネガ湖(凍結中)。※1

出航できないキジ島行きフェリー

どれくらいオネガ湖上をほっつき歩いたのか、気が付けば早くも陽が西に傾きつつある。そういえば腹減った。身体は冷え切って腹は減り、これで眠ければ凍死リーチ。という訳でそろそろホテルに一時帰還して休憩することとする。



ここから上陸


湖畔にも人っ子一人いない

おやあれは

ポニー牧場発見。пoниと書いてポニー

久々に動き回る物体を見る。マイナス18度の中を走り回るポニー

寄ってきた

ポニーの顔で暖をとる

ポニー牧場とカレリアホテルは目と鼻の先、ホテルを朝に出てから一帯をぐるりと周って裏側から帰還するかたちとなった。
2階のレストランに直行する


PECTOPAHと書いてレストラン

ポニーが見える窓際の席

リゾートホテルだけあってレストランのメニューも英語併記で分かりやすい。とりあえず魚のフライとマッシュトポテトのプレートを頼んだら、嫌がらせのような量のフライが出てきた。取り合えずは腹一杯


親の仇のように揚げられまくったアジフライ、かワカサギのフライ
ロシアのプレーンなクレープはこんな感じ



お腹を満たし身体を温め、やっと落ち着いたところで窓の外を見やると早くも陽が暮れてしまっているではないか。
こうなるともういけない。ここは街はずれのホテルで市街地までは3㎞、お天気アプリによれば外気はマイナス20度。もちろん流しのタクシーなどある訳もなく、わざわざタクシーを呼んでまでスーツケースを抱えて街に出たところで特にめぼしい見どころがある訳でもなく…

結論、サンクトペテルブルク行きの列車の時間になるまでここで休憩続行。
と決めて二回目のコーヒーおかわり。

アルタからトロムソに向かうバスから見た夕焼けによく似ている

長っちりでごめんなさい

_______
※1 面積は琵琶湖の15倍、ほぼ近畿一帯に匹敵する広さ。ちなみに欧州最大の湖はこれもカレリア共和国とロシアのレニングラード州にまたがって存在するラドガ湖。レーニンの名は街からは外されたが州の名前では健在。覚えたところで何も得はないが覚えておこう。

7.30.2017

激安家具のリスクとは

白アリがついているかも!?なんていう内容は煽りが露骨すぎて逆に嘘くさく感じてしまうが、それ以外にもこの記事には同意できない点が一か所あって、

「(前略)品質がよくないので耐久性も弱く、壊れやすい。修理保証もありませんから、結局、買い替える羽目になります」

 結果的に“安物買いの銭失い”となり高くついてしまうのだ。

ここのくだり。
個人的な意見としては激安家具の問題点は耐久性が弱く壊れやすいところでなく寧ろその逆、激安といえども耐久性はやたら高く、普通に使う限りにおいては平気で「一生物」になってしまうものが少なくないところにある。若い頃さんざん安物を使った経験から言えば、ホームセンターで9800円で売っているテーブルも1000円で売っているカラーボックスも、その気になれば立派に「一生物の家具」として使えてしまうものだ。

「お金もないし取り合えず」で買ったつもりの家具が一向に壊れてくれず、壊れてもいないモノを捨てて買い替えるのも躊躇われる。機能として全く問題ないモノを捨ててそれなりに値が張るモノに買い換えるにはそれなりのタイミングと内面の盛り上がりが不可欠で、数少ないその機会を逃すと次にそれが訪れるのはいつになるか分からない。本当に欲しいモノは心の隅に常にあるので時折コレジャナイ感が頭をもたげることはあるもののすぐに日々の雑事に紛れてしまい、そんなことを繰り返しているうちに気がつけば別に好きで買ったわけでもない間に合わせの家具が私の「一生物」になっていました…となりかねないことが妥協して家具を買うことの最大のリスクではあるまいか。

ただしこれは普遍的なリスクではなく、あくまで好きなものに対する執着の強いある種の人々に限定したリスク。コスパが第一で安くて長持ちならそれでいうことなしという人にとって「安くて長持ち」はリスクどころか願ったりかなったりの美点に他ならないし、それはそれでその人にとっては正しい。
この種の問題はそこが曲者であって、自分にとって不正解にもかかわらず隣の人にとって正解みたいだからこれは正解、そう自らに言い聞かせてみてもなお拭いきれない違和感は合わない靴のように絶えず心につきまとう。その気持ち悪さの根源を突き止めるにはやはり自らの心の内を覗いてみる他はないだろう。

7.17.2017

日帰りフランスロールの巻

基本的に夏場は一切車に乗らないのだが、それでも機械ものであれば調子を維持するために毎夏一回は運転するようにしている。
今月の三連休を利用して大汗をかきながらメンテナンスドライブに繰り出した先は福島市のロマンドーロール本店。21世紀初めに一世を風靡したテレビ番組「マネーの虎」でオリジナルクレープである「フランスロール」で見事にマネー獲得、そしてマネー獲得者の中でも更に希少な大成功を収めたもののその後慢心からくる放蕩、逮捕、会社からの追放と絵に描いたような転落劇。そして今また社長として復活し、事業規模は大幅に縮小したものの東北を中心に地道に事業を継続しているロマンドーロールその本店が今回の目的地。
人間は限界を経験で測るもの、往復で600㎞の行程もかつて一日でむつ市まで走破した身にはそれほど大した距離ではない。問題となる熱気は二年前と同じく、スプレーボトルで身体をびちょびちょに水で濡らし扇風機で風を当てて気化熱を奪うセルフエアコン方式で凌ぎながら一路福島へ、とても車に乗ってきたとは思えないドロドロの姿で到着。



本日は社長ワンオペ体制のようで、店に入るやいきなり社長が接客に出てきて笑う。
店内はクレープ屋らしからぬ洒落た雰囲気ではあるが、深々と腰かけるソファは少々食べづらい姿勢かな




お目当てはもちろんフレデリック千葉が認めたというフランスロール。マネーの虎のこの回、そしてHPで述べているこだわりを見るに、甘いもの好きの身なら否が応にも期待が盛り上がる。
ROMANDÔ ROLLのフランスロールは、普通のクレープとは一線を画した商品です。生地、生クリーム、チョコレート、果物、トッピング、製法、すべてにこだわった、ケーキにも負けない商品です。



で食した感想は…普通に美味しい。
が、やっぱりクレープは焼きたてが一番美味しいかな。
注文を受けてから焼くのかと思ったらさにあらず、ショーケースから取り出してそのまま供したのは些か興ざめ。確かにケーキやタルトといったスイーツは注文を受けてから焼くわけではないし、ケーキにも負けないと自負する一品であればケーキのように供するのもありなのかもしれないが…やっぱり出来立てのフランスロールが食べたかったなと。
片道300㎞の往路はすいすい3時間15分、帰りは断続80㎞の渋滞にドはまりして5時間半。行きはよいよい帰りは怖い